小林ゆき掲載・出演・講演などの情報

BBBばいく~んGoGo!(ネットラジオ/ポッドキャスト) パーソナリティレギュラー出演中

BBB.TV 動画レポート レギュラー出演中

10月2日(日) ウエルカムライダースおがの・いちにちレディースライダー宿

『美・乗・コン(びじょこん)』 ライディングスクール講師、『いちにちレディースライダー宿』末飛登さん、柴田奈緒美さんとともにゲストとしてトークショーなどに出演いたします

10月10日(月・祝) 神奈川県グッドライダーミーティング in厚木中央自動車学校

10月22日(土) SPA西浦サーキットスクール講師 ※初心者大歓迎のスクールです!
(11月4日(土) 予備日)

| | トラックバック (0)

2016.09.05

名古屋はやはり自動車王国なのか? バイクに冷たい街なのか?

とある件で名古屋に行かねばーと思って、バイクが停められる場所を調べてみました。

東京では2006年以降、違法駐車の取り締まり、とりわけバイクの狙い撃ちが社会問題化してましたが、7、8年前に名古屋に行ったときは、


「取り締まりなんか見たことない」(地元の人)

「あ、前の歩道に停めてください」(ホテルの人)

「そこ置いといて」(バイク駐車場の場所を尋ねた交番の警察官が歩道を指差して)

ってな具合でしたけど、先日、名古屋の方とその話をしましたら、名古屋でもバイク狙い撃ち取り締まりが行なわれていると聞きました。

もちろん、合法的にバイクを停められる場所があれば問題ないわけです。

というわけで、名古屋中心部でバイクが停められる場所があるかどうか調べてみました、の一連のツイートです。

そんなわけで、そこそこ駐車可能な場所はありますけども、東京ほど多くはないし、駐車場がある場所が偏っている感じがいたしますね。

東京は都心だと、1時間以内の駐車なら路上駐車スペースそこいら中にあるので、バイクでもほぼ困ることはありません。
ただ、それ以上の駐車だと、最近はバイク駐車場の稼働率が高くなってきて、2軒、3軒とハシゴしないと空きが見つからないことも。
翻って良いことだ。
稼働率が高くなれば、商機に気付いてバイク駐車場が増えるかもしれませんし。


名古屋の場合、二輪も四輪と同じ料金を取るところがとても多いですね。
ただし、買い物割引があるところも多いです。

このあたりが“名古屋っぽい”と言えるかも。


» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2016.09.04

沖縄に関東からどうやってバイクで行くか?

沖縄に所用が出来そうなのですが、いつもどおり、まずは

・どのルートでバイクで行くか?

と考えがちな小林ゆきです、9月ですねっ

横浜からのルートをいくつか考えてみました。

東京から48時間かかる日本最長長距離航路の沖縄行きフェリーは残念ながらもう廃止となりましたので、別のルートを考えねばなりません。

●グーグルマップおすすめ・鹿児島まで自走&鹿児島からフェリー

横浜から鹿児島まで1300km渋滞無しで15時間って出ますけど、休憩・給油を考えると15時間で行けるわけないだろ。というか、行ってはいかん。

◆高速道路を自走◆

横浜青葉から鹿児島ICまで1300km、料金は時間帯や曜日によって1万5090円~22050円。

7000円も差がある!

ガソリン代をざっくり計算してみると、1300kmを燃費18km/L、ガソリンリッター130円の場合、約9400円。

◆長距離フェリー◆

鹿児島~那覇航路のフェリーはA LINE、マルエーフェリーマリックスラインがあります。

マルエーフェリーは月に7便~9便で、鹿児島18時発、那覇着は翌日19時となります。

料金は旅客 1万4610円(2等)~。
自動二輪 7120円。
(いずれも10月1日以降片道料金)

マリックスラインは月に13~15便程度あって、鹿児島18時発、那覇着は翌日19時です。
料金はマルエーと同じ。

現実的な所要時間としては、朝横浜を出発→中間地点で1泊→夜鹿児島発→翌日夜那覇着くらいでしょうか。
金曜日の朝出ると、日曜日の夜に沖縄到着くらいのイメージです。

片道、安い見積もりで4万6220円。往復で9万2440円(実際にはフェリーの往復割引があるのでもう少し安いと思います)


●関西からの航路を使う

沖縄にフェリーで行ける一番の長距離航路は、阪神航路です。

というわけで、横浜から自走で神戸または大阪南港に向かうルートを検討してみましょう。

ちなみに、マルエーフェリーの阪神航路は、神戸を先に出て、1時間後に大阪南港に寄り、そこから沖縄に向かいます。

神戸出航は14時、大阪南港出航は18時30分。那覇到着は翌々朝8時です。

月に5便から7便あります。



◆横浜から大阪まで高速道路を自走◆

横浜から神戸まで7100~9750円くらい。
距離は約500km。
燃費18km/L、ハイオク130円で計算すると、ガソリン代は約3600円。

◆阪神航路◆

2等旅客運賃 19,330円
自動二輪 10,520円。

ちなみに、「クレジットカード利用はできません。現地現金払いになっております。」とのこと。
なんとめずらしい!

このルートをまとめますと、

水曜日の朝、横浜を出発。
夕方、大阪南港からフェリー。
金曜日の朝に那覇到着。

3日で沖縄に行けます。


……というわけで、このルートは片道4万550円。往復8万1100円。


●長距離フェリーを2回使う

東京から唯一の長距離フェリー航路(※)、オーシャン東九フェリーの東京~徳島~新門司(北九州)ルートを使うルートです。

※北海道航路は絶滅しました

◆東京有明から新門司(北九州)航路◆

東京~新門司(北九州)ルートは基本的に毎日出航しており、曜日によって出航時刻が異なりますが、
たとえば月火水木土は19時30分東京発、翌々5時40分新門司着となっています。

2等旅客運賃(10月1日以降)
1万6110円

特殊手荷物・自動二輪(750cc以上)1万2650円、(750cc未満)9480円

我がGPZ900Rは750cc未満のGPZ750Rと同じ車各、同じ重量なのに料金が3000円も違うのは釈然としませんが……。

◆新門司から鹿児島まで自走◆

距離は341km。ガソリン代は2460円くらい。

料金は4170円くらい。

◆鹿児島~沖縄航路◆

(略)


……というわけで、このルートは片道5万490円くらい。往復、11万1000円くらい。


●阪神~九州航路+鹿児島~沖縄航路

関西から九州への航路は、大分、別府、宮崎、志布志など東日本に比べれば選択肢があるので、横浜から関西まで自走して、九州にフェリーで渡り、鹿児島まで自走、そしてまた沖縄行きフェリーに乗るというルートも考えられます。

ですが、ここまで運賃など計算してみると、けっこうお高く付く予感……。

なので、詳細はここでは調べません。

●羽田~那覇に航空貨物でバイクを送る

参考までにANAカーゴの片道料金を調べたところ、250kg片道7万7250円。
この他に旅客運賃も必要ですから、往復で軽くやっすいバイク買えるやないかーい。


●無人航送でバイクを送る?

貨物専用船であれば、東京~沖縄便はありまして、「無人車はお問い合わせください」とのこと。
バイクがいけるかどうかはわかりませんが……。

閑話休題。


沖縄ならレンタルバイクがたくさんあるよっとアドバイスいただきそうですけど、やっぱりここは自分のバイクで行ってみたいなぁと。

沖縄は日本一周で行って以来、行ったことがなく、またGPZ900Rを買う大きなきっかけにもなった場所でもあります。

どうしよーかなー。

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

«コベントリーの清水良三さん、というか家具屋さん